大邱の夜、ソウルの夜

4295

大邱の夜、ソウルの夜  (4295)

販売価格(税込)
¥1,980
在庫状態 : 在庫有り

ソン アラム作 吉良佳奈江訳/ころから/B5変型判/176ページ

 

ソウルで奔放に育ったはずのホンヨン。家父長制が根強く残る大邱(テグ)からの脱出を試みるコンジュ。ふたりの女の乾いた涙の跡にうつしだされる「友情」の物語。
人気漫画家ソン・アラムの代表作を『韓国が嫌いで』の訳者、吉良佳奈江が全訳。
東京・下北沢でグラフィックノベル専門書店「BSEアーカイブ」を主宰する町山広美のコラムを収録。

 

ソン アラム (ソン アラム) (作)
1981年ソウル生まれ。漫画家。高卒認定試験を経て法学部に進むも学外でのマンガ講座に熱中し、卒業後は漫画家への道を歩き始めた。2007年から自伝的な漫画を描く。2013年に「大邱の夜、ソウルの夜」の第1部となる「大邱の夜」を発表。代表作に「자꾸 생각나(何度も思い出す)」(ミメシス、2015)などがある。本書は作家にとって初めての日本語版。

吉良 佳奈江 (キラ カナエ) (訳)
1971年静岡県生まれ。東京外国語大学日本語学科、朝鮮語学科卒。おもな翻訳に『韓国が嫌いで』(ころから)、『二度の自画像』(東京外国語大学出版会)、『退社』(たべるのがおそい第7号所収)などがある。

町山 広美 (マチヤマ ヒロミ) (解題)
1964年東京都生まれ。放送作家、コラムニスト。東京・下北沢のグラフィックノベルを中心に扱う新刊・古書店「BSEアーカイブ」主宰。

 

数量