The Last of the Hippies: An Hysterical Romance

2992

The Last of the Hippies: An Hysterical Romance  (2992)

販売価格(税込)
¥1,600
在庫状態 : 在庫有り

Penny Rimbaud/PM Press/Size: 7.5×5/128 Pages(英語)

 

精神病院に監禁されている間に公権力によって殺害された、ペニー・リンボーの友人フィル・ラッセル(別名ウォーリー・ホープ)について、ペニー・リンボーが1982年にCRASSのアルバム『Christ: The Album』で発表した、アナキストの燃えるような異議申し立て。

ウォーリー・ホープは、先見の明を持った自由思想家で、彼の人生はイギリスのアンダーグラウンド文化だけでなく様々なシーンに多大な影響を与えている。ストーンヘンジ・フリー・フェスティバルの萌芽を促し、1972年から1974年に開催されたウィンザー・フリー・フェスティバルの組織化、という説明だけでも重要な人物だと理解されるであろう。

ウォーリーは、少量のLSD所持で逮捕、精神病院に監禁され、釈放された直後に死亡した。ペニーは、彼が殺されたという有力な証拠を発見したが、公式の見解はラッセルが自殺したというもだった。友人の死を取り巻く未解決の事柄から生じたペニーの怒りは、1977年にアナキストのパンクバンドCrassを結成する動機となった。

Crassは、1977年から1984年の解散までの7年という短い期間のなかで、ほぼ自分たちの力だけで、当時瀕死の状態だった平和運動とアナキズム運動に命を吹き込んだ。『The Last of the Hippies』は、アナルコ・パンク、また後に反グローバリゼーション運動として発展して行くシーンのなかで影響力のあるテキストとなった。

この改訂版では、ペニーがオリジナル・テキストで主張した根拠のいくつかを疑問視した新しいイントロダクションを含んでいる。


ペニー・リンボー:
作家、詩人、哲学者、画家、ミュージシャン、活動家。パフォーマンス・アート・グループのEXIT、Ceres Confusionの元メンバーであり、1972年にストーンヘンジ・フリー・フェスティバルをフィル・ラッセル(別名ウォーリー・ホープ)と共に立ち上げた。 1977 年、スティーブ・イグノラントと共にアナキスト・パンク・バンドCrassを結成、1984年に解散。その後2000年までは執筆に専念。2001年、オーストラリアのサックス奏者ルイーズ・エリオットや、その他多彩なジャズ・ミュージシャンとともに、Last Amendmentの名で再び公の場に復帰した。

 

First published in 1982 as part of the Crass record album Christ: The Album, Penny Rimbaud’s The Last of the Hippies is a fiery anarchist polemic centered on the story of his friend, Phil Russell (aka Wally Hope), who was murdered by the State while incarcerated in a mental institution.

Wally Hope was a visionary and a freethinker, whose life had a profound influence on many in the culture of the UK underground and beyond. He was an important figure in what may loosely be described as the organization of the Windsor Free Festival from 1972 to 1974, as well providing the impetus for the embryonic Stonehenge Free Festival.

Wally was arrested and incarcerated in a mental institution after having been found in possession of a small amount of LSD. He was later released, and subsequently died. The official verdict was that Russell committed suicide, although Rimbaud uncovered strong evidence that he was murdered. Rimbaud’s anger over unanswered questions surrounding his friend’s death inspired him in 1977 to form the anarchist punk band Crass.

In the space of seven short years, from 1977 to their breakup in 1984, Crass almost single-handedly breathed life back into the then moribund peace and anarchist movements. The Last of the Hippies fast became the seminal text of what was then known as anarcho-punk and which later blossomed into the anti-globalization movement.

This revised edition comes complete with a new introduction in which Rimbaud questions some of the premises that he laid down in the original.

 

About the Author:

Penny Rimbaud is a writer, poet, philosopher, painter, musician and activist. He was a former member of the performance art groups EXIT and Ceres Confusion, and in 1972 was cofounder with Phil Russell (aka Wally Hope) of the Stonehenge Free Festivals. In 1977, alongside Steve Ignorant, he cofounded the seminal anarchist punk band Crass, which disbanded in 1984. From that time up until 2000 he devoted himself almost entirely to writing, returning to the public platform in 2001 as a performance poet working alongside Australian saxophonist Louise Elliott and a wide variety of jazz musicians under the umbrella of Penny Rimbaud’s Last Amendment.

 

数量