ヒップホップ・レザレクション ラップ・ミュージックとキリスト教

3476

ヒップホップ・レザレクション ラップ・ミュージックとキリスト教  (3476)

販売価格(税込)
¥3,456
在庫状態 : 在庫有り

山下壮起 著/新教出版社/A5変型判/264ページ

 

反社会的な音楽文化としてしばしば非難の対象となってきたヒップホップは、なぜ繰り返し神や十字架について歌うのか――黒人神学の泰斗ジェイムズ・コーンの議論を継承し、アフリカ系アメリカ人の宗教史の文脈のなかでラッパーたちの声に耳を傾けながら、その秘めたる宗教性を浮かびあがらせる。ヒップホップの現場を知りつくした気鋭の神学者による、異色の歴史神学にしてヒップホップ研究の新たなクラシック。

著者の山下壮起氏は日本基督教団阿倍野教会牧師。同書のもととなった博士論文「ヒップホップの宗教的機能――アフリカ系アメリカ人ヒップホップ世代の宗教観」は、公益財団法人国際宗教研究所の2018年度国際宗教研究所賞奨励賞を受賞した。

 

目次

序章

第1章
Hip Hop Generation ヒップホップ・ジェネレーション
――ヒップホップの宗教性を生み出したもの

第2章
The Roots ザ・ルーツ
――アフリカ系アメリカ人の歴史と宗教
コラム1
新しい霊性 ネオ・スピリチュアリティ
――アフリカ系アメリカ人と宗教の多様性

第3章
Nothin’ But The Spiritual Thang ナッシン・バット・ザ・スピリチュアル・サング
――世俗音楽の宗教性と宗教音楽の限界
コラム2
ヒップホップ
――ローカルが示す生から聖へ

第4章
Holy State of Mind ホーリー・ステイト・オブ・マインド
――聖俗二元論を超えて
結論
Bonus Track
ヒップホップという言語

 

数量