オプス・デイ 任務の考古学

3446

オプス・デイ 任務の考古学  (3446)

販売価格(税込)
¥4,104
在庫状態 : 在庫有り

ジョルジョ・アガンベン著 杉山博昭訳/以文社/四六判/261ページ

 

現代倫理はなぜ、「義務」を基礎に置くのか。本書はキリスト教における任務=聖務や典礼への考察を手がかりに、カント以来の現代倫理が手中に収める「義務の無限性」に潜む無限の「負債」を明らかにする。
今日、わたしたちの存在は「それ自体が、純粋な負債以外の内容をなにひとつ」持ちえない。わたしたちが認識しうる存在(ある)は、すべて当為(べき)と命令(せよ)によって構成される――。
存在論に政治、そして経済を接続させるジョルジュ・アガンベンの「ホモ・サケル」シリーズ続刊、待望の邦訳。

 

目次

端書
1 典礼と政治

2 秘儀から効果へ

3 任務の系譜学

4 ふたつの存在論、あるいは、いかに義務は倫理になったのか


訳者あとがき

 

ジョルジョ・アガンベン
1942年生まれ。哲学者。マチェラータ大学、ヴェローナ大学、ヴェネツィア建築大学で教えた後、現在、ズヴィッツェラ・イタリアーナ大学メンドリジオ建築アカデミーで教鞭をとる。『ホモ・サケル』(以文社)、『例外状態』(未來社)、『スタシス』『王国と栄光』(共に青土社)、『アウシュヴィッツの残りのもの』(月曜社)、『いと高き貧しさ』『身体の使用』(共にみすず書房)など、著書多数。

杉山 博昭 (スギヤマ ヒロアキ)
1975年生まれ。京都大学大学院博士課程修了(人間・環境学)。京都教育大学、国際基督教大学にて非常勤講師、早稲田大学高等研究所にて助教を務めたのち、現在は摂南大学外国語学部にて講師に就く。専門は表象文化論、西洋美術史。著書に表象文化論学会賞奨励賞の『ルネサンスの聖史劇』(中央公論新社)がある。

 

数量