モア・ザン・ヒューマン マルチスピーシーズ人類学と環境人文学

4209

奥野克 近藤祉秋 ナターシャ・ファイン 編/以文社 /A5判 並製/320ページ   地球規模での環境変動、資本主義の見えない未来、科学技術の革新が問いかける人間性の変容ーー「人新世」時代の今日、人類を含めた多種の絡まり合いの現実を看過することはできない。 多種間の関係を記述してきたマルチ […]

人間になるということ キルケゴールから現代へ

4194

須藤孝也著/以文社/四六判/296ページ   西洋には伝統的に「人間になる」というテーマがあった。だが前世紀にはそれを否定して「人間の終焉」が言われるようになった。しかし私たちはほんとうに「人間になる」ということを放棄してしまってよいのだろうか。 人間不在の市場原理に基づく「新自由主義」が […]

生きるためのフェミニズム パンとバラと反資本主義

4188

堅田香緒里著/タバブックス/四六判/192ページ   私たちはみな、資本主義という恒常的な災害の被災者である。 パン(金)も、バラ(尊厳)も、両方よこせ! 蔓延する新型ウィルス、パンデミック下で強行される五輪、そして顕在化する不平等や分断。私たちが直面している危機は、COVID-19 によ […]

BLOCK CITY 増補版

4184

Hironori Kodama/KungFu/21cmx20cm/70ページ   2020年11月に刊行された『BLOCK CITY』の増補版です。 「しっかり写真に残してくれ、これは俺たちの作品だからな!」 バリケードを作っていた青年が逃げる準備をしながら、私に短く叫んだ。 2019年か […]

増補新版 風よ鳳仙花の歌をはこべ 関東大震災・朝鮮人虐殺・追悼のメモランダム

4183

ほうせんか 編著/ころから/A5変型判/280ページ   1980年代の荒川河川敷にジェノサイド被害者の遺骨を探し、10年にわたって、のべ150人に聞き書き調査した市民グループ「ほうせんか」。 市民の手で掘りおこされた記録集『風よ鳳仙花の歌をはこべ』(1992年刊)にその後30年の歩みを加 […]

スピットボーイのルール 人種・階級・女性のパンク

4181

ミシェル・クルーズ・ゴンザレス著 鈴木智士訳/Gray Window Press/四六判 並製/224ページ   「私の身体は私のもの」をスローガンに、1990年代のアメリカで活動し、今日に至るまで世界中のパンクスに影響を与え続ける、メンバー全員女性のフェミニスト・ハードコア・パンク・バン […]

社会運動史研究 3 メディアがひらく運動史

4179

大野光明 小杉亮子 松井隆志 編/新曜社/A5判並製/240ページ   好評3号をお届けします。当事者と若手双方の寄稿と証言から蘇る60〜70年代メディアとは? 草の根メディアを守り育てる「市民アーカイブ多摩」をインタビュー。  ほかにヤン・イークスとべ平連、東大闘争のインタビュー、書評も […]

オン・ザ・ロード:書物から見るカウンターカルチャーの系譜 ビート・ジェネレーション・ブック・カタログ

4180

山路和広(Flying Books)監修/トゥーヴァージンズ/B5判/272ページ   1950年代ビート・ジェネレーションの聖典と呼ばれ、後のあらゆる文化に影響を与えてきた『オン・ザ・ロード』。本書を始めジャック・ケルアックの全著作、ウィリアム・バロウズ、アレン・ギンズバーグら貴重なビー […]

パンの心臓 Corazón del pan

4176

ミシマ ショウジ著/トランジスタ・プレス・黒パン文庫/B6/69ページ   Corazón コラソン、、魂ともハートとも愛とも。 死んでいった者とともにパンのひとかけ食べるように、ひとつづつ詩を書いて一冊に。 彼らはいつも私たちとともにいて声を、それはひかえめなものだとしても、 […]

薬を食う女たち

4168

五所純子著/河出書房新社/四六版/240ページ   覚醒剤や大麻、睡眠薬……そして現代を生きる女性たちの身に起こるさまざまな事柄、 葛藤し抵抗する姿を丹念に描き、新たな表現へと昇華(あぶ)る フィクション/ノンフィクションとは何かを問う《ルポ+文学》の新たな金字塔、ここに誕生。 &nbsp […]

在日クルド人の1990―2021

4167

在日クルド人の現在2021実行委員会/A5/36ページ   川口市を中心に、埼玉県南部で暮らす在日クルド人の等身大の姿を伝えるプロジェクト「在日クルド人の現在2021」。「世界難民の日」にちなんで、2021年6月上旬から開催されてきた展示会・講演会・上映会と連動した小冊子です。専門家や有識 […]

体操をつくる

4158

川﨑智子・鶴崎いづみ/観察と編集・土曜社/A5判   体操は、つくれる。 「人の話が聞けるようになりたいです。」 「予定がないと永遠に寝続けてしまって、スッと起きれません。」 「これでいいのだって思いたいです。自己肯定感をいますごく、得たいです。」 2019年1月から12月、オルタナティブ […]

YOONKEE KIM – ETERNAL MOOD HOLE Tape + Book

4156

韓国ソウルを拠点に活動するアーティスト/スケーターYoonkee Kimによる最新作。 ペインティング、コラージュ、フォトなどのアート作品を108ページ収録したアートブック『ETERNITY』、ローファイな電子音楽作品集『a hole of a donuts』と宅録フォークソング集『Mood Del […]

ヘヴィ あるアメリカ人の回想録

4152

キエセ・レイモン 著 山田文 訳/里山社 /四六判 並製/336ページ   黒人母子の内省が暴くアメリカの“噓” 「どうか怒らないでほしい、母さん。 ぼくはただ、ぼくが何を経験してどこで歪んだのか、 母さんに伝えようとしているだけなんだ。 ぼくらが何を経験してどこで歪んだのか、 ぼくらに知 […]

レイシズムを考える

4149

清原悠 編/共和国/菊変型判/440ページ   もはや政治家ですら公言し、社会を覆い尽くそうとしている、レイシズム、ヘイトスピーチや各種の差別問題を、わたしたちはどう考え、どう対抗すればいいのか。気鋭の研究者21名が、さまざまなテーマからアプローチを試み、この現実に楔を打ち込む決定的な論集 […]

ヘイトをとめるレッスン

4146

ホン・ソンス 著 たなともこ・相沙希子 翻訳 朴鍾厚 訳注・監訳/ころから/A5変型判/240ページ   韓国でヘイト問題の研究者として、また差別禁止法制定を目指す活動家として奔走するホン・ソンスの著作を完全日本語訳。 ヘイトスピーチとはなにか、男性へのヘイトスピーチは成り立つのかから、ヘ […]

問題=物質となる身体── 「セックス」の言説的境界について

4147

ジュディス・バトラー著 佐藤嘉幸 監訳、竹村和子・越智博美 訳/以文社/A5判 上製カバー装/448頁   問題なのは身体だ。 『ジェンダー・トラブル』によって明らかにされた権力と言説によるジェンダー形成の過程。ジェンダー/クィアに関する理論書である同書は、フェミニズムやジェンダー、クィア […]

抗う香港 Resisting Hong Kong

4126

中村康伸(写真)/A5/40ページ   2014年に雨傘運動の取材で香港を訪れ、その後も渡航が制限される2020年3月まで、香港の民主化運動を追い続けてきた写真家・中村康伸さんによる写真集。カラーで捉えた「抗う香港」のさまざまな姿。  

惑星都市理論

4124

平田周・仙波希望 編/以文社/A5 上製カバー装/456頁   21世紀の都市研究のために── コロナウイルス感染症の世界的な流行で、人々の移動が大幅に制限されるなかにおいても、まるで何も起きていないかのように駆動し続ける「世界経済」。それはすでに「惑星都市」が存在していることの証でもある […]

別の人

4122

カン・ファギル著 小山内園子訳/エトセトラブックス /四六変型判 並製/336ページ   受け入れがたい暴力にさらされたあとも、人生は続く。 そのとき記憶は人をどう変えるのか――。 ハンギョレ文学賞受賞、韓国フェミニズム作家の先頭を走るカン・ファギル初邦訳! 30代前半のジナは、恋人から受 […]