蔓延する東京 都市底辺作品集

4087

武田麟太郎 著/共和国/A5変型判/400ページ   高見順 「私に文学的開眼を与えてくれた人」 織田作之助 「血縁を感じている」「文壇でもっとも私に近しい人」 三島由紀夫 「武田麟太郎の作品を今読んで感心するのは、その文章の立派なことだ。目の詰んだ、しかも四方八方に目配りのきいた、ギュッ […]

BLOCK CITY

4080

Hironori Kodama/KungFu/21cmx20cm/70ページ   「しっかり写真に残してくれ、これは俺たちの作品だからな!」 バリケードを作っていた青年が逃げる準備をしながら、私に短く叫んだ。 2019年から始まりコロナ禍の現在まで続く香港民主化デモ。その参加者たちはデモ活 […]

いつかたこぶねになる日 漢詩の手帖

4073

小津夜景 著/素粒社/B6判/272ページ   池澤夏樹さん推薦!!! 「この人、何者? 極上のエッセーで、文体が弾み、とんでもなく博識で、どうやらフランス暮らし。俳句を作る人らしい。一回ごとに漢詩の引用があるが、その漢詩はいつも角を曲がったところに立っている。しなやかな和訳と読解が続く。 […]

アナキズムの歴史 支配に抗する思想と運動

4070

ルース・キンナ著 米山裕子訳/河出書房新社/四六判/424ページ   19世紀の草創期から現在まで、そして欧米から日本まで100人以上の理論家・運動家が登場。既存の価値観や体制が揺らぐ今、自由と協調を追及するラディカルな思想の真の可能性に迫る!   目次 イントロダクション アナ […]

改革か革命か 人間・経済・システムをめぐる対話

4068

トーマス・セドラチェク✕デヴィッド・グレーバー著 三崎和志、新井田智幸 訳/以文社/四六判/216頁   異端の経済学者vs『負債論』の人類学者!! NHK「欲望の資本主義」シリーズに出演、日本でも話題となった異端の経済学者トーマス・セドラチェク。世界的ベストセラー『負債論』『ブルシット・ […]

エトセトラ VOL.4

4067

石川優実 責任編集/エトセトラブックス /A5判/128ページ   フェミマガジン4号目のテーマは「女性運動とバックラッシュ」! #KuToo運動の石川優実とともに、女性の運動を知る特集号。 70年代ウーマンリブ以降日本で運動してきた女性たちの話に耳を傾け、エッセイや漫画で女性運動史を学び […]

アヒル命名会議

4066

イ・ラン 著 斎藤真理子 訳/河出書房新社/B6変型判/284ページ   ソウル全域を食人ウィルスが襲う。その時、若い男女と一匹の猫は——。(「いち、にの、さん」) かっとしやすく偏屈な神のもと、動植物や自然現象を創造する天使たち。(「アヒル命名会議」) ゾンビ映画のエキストラ出演画像がS […]

恋する少年十字軍

4065

早助よう子 著/河出書房新社/四六版変形/248ページ   あなたの旅は、まだ始まったばかり――。 職を失い、都会の暮らしに疲れた「あなた」が出会ったのは、夜な夜な爆弾テロを仕掛ける九歳の男の子。彼との逃亡、そして裏切りの果に訪れたものとは……?(「恋する少年十字軍」) フレッシュで、ぶっ […]

汽水空港台湾滞在記 vol.1 台湾の程よい田舎に本屋をつくる試みの記録

4062

モリテツヤ・モリアキナ・丸山伊太郎 著/汽水空港/A6/104ページ   山下陽光氏が運営するメルマガ「途中でやめるメルマガ」連載していた台湾旅行記。 “経済的不安、環境問題、政治の機能不全、ウィルス、様々な問題が臨界点に達しつつある今、一体どうやっておれは生きていけばいいのか […]

諸世界の戦争──平和はいかが?

3659

ブリュノ・ラトゥール著 工藤晋訳 近藤和敬解説/以文社/四六判/136ページ   「単一自然」の政治から「多自然」の政治へ。 現代人類学・現代思想における存在論的転回の中核をなしきたブリュノ・ラトゥールが語る「戦争と平和」とは。 ラトゥールは、グローバルな多文化主義の背後に潜む「単一自然」 […]

不自由の不自由展 吉祥寺トリエンターレ2019

3646

「不自由の不自由展」図録編集部/B5変形/120頁   目次 不自由の不自由展 宣言文 絶望を語るな。ただ絶望せよ 山崎春美 自由なんてない 鴻英良(演劇研究家)× 山崎春美 × 渡邊未帆 不自由による不自由のための不自由展 香山リカ(精神科医)× 木村哲雄 × 山崎春美 耕さん 黒石麻里 […]

石川三四郎 魂の導師

3644

大澤正道 著/虹霓社/B6判 並製/234ページ   ──吾等の生活は地より出で、地を耕し、地に還へる、是のみである。之を土民生活と言ふ。真の意味のデモクラシイである。地は吾等自身である──(石川三四郎「土民生活」)   幸徳秋水、大杉栄と並んで日本のアナキズム運動の先駆者と称さ […]

平和学と歴史学 アナキズムの可能性

3641

戸田三三冬 著 田中ひかる 解題/三元社/A5判並製/602頁   エッリーコ・マラテスタを中心とするイタリア社会主義(アナキズム)史の膨大な史料・文献に基づく緻密な先駆的研究の上に、「構造的暴力」と「積極的平和」、世界システム論、フェミニズム、「萃点の移動」、「40億年の私の生命」、禅の […]

政治の展覧会:世界大戦と前衛芸術

3640

引込線/放射線/EOS ART BOOKS/A4判/160ページ カラー   未来派のマリネッティの活動がファシズムへ展開した論理とはどのようなものだったのか? ロシア・アヴァンギャルドのリシツキーの活動がスターリニズムのプロパガンダへと発展していった過程とはどのようなものだったのか? 第 […]

コバニ・コーリング

3639

ゼロカルカーレ著 栗原俊秀訳/花伝社/A5判/288ページ   戦争とは? 日本オタクのイタリア人漫画家は、対イスラム国(IS)防御の砦となったシリア北部・クルドの町で何をみたのか。イタリア人気No.1漫画家 10万部超えのルポルタージュコミック、ついに日本上陸! 「心に自由と人間らしさを […]

フェミニズムはみんなのもの 情熱の政治学

3607

ベル・フックス著 堀田碧訳/エトセトラブックス/四六変型判 並製/192ページ   この本を読んでみてください。フェミニズムとはなんなのか、どんな運動をしてきたのか、わかるから。 現代を代表する思想家にして、ブラック・フェミニストのベル・フックスが新しい世代に向けてバトンを渡す、世界でロン […]

水晶内制度

3608

笙野頼子著/エトセトラブックス/四六変型判 並製/312ページ   怒りと悲しみの上に生まれた女の国。 私はここで、女だけの神話を完成させる。 作家の「私」が亡命したのは、原発の受け入れを交換条件に日本から独立した女人国ウラミズモ。楽しい夜道、安全な子育て、女と女で暮らす性愛のなき「ディス […]

コロナ禍日記

3605

タバブックス/四六判 並製/444ページ   2020年春、新型コロナウイルスの流行により激変した私たちの日常。感染者・死亡者は日に日に増加し、経済活動は停滞、コミュニケーションも制限された。この未知なる状況の中で、人々はどんな生活を送り、何を思ったのか? 作家、漫画家、ミュージシャン、店 […]