ダダ・カンスケという詩人がいた 評伝陀田勘助

4356

吉田 美和子著/共和国/菊変型判 並製/378ページ   「ダダ」を自分の名とした唯一のアナーキスト詩人、陀田勘助(1902-1931)。アヴァンギャルドの担い手として鮮烈にデビューしながら、やがてその筆名と詩を捨てて、本名の山本忠平として共産主義者に転向。非合法共産党の中央委員候補として […]

放浪の唄 ある人生記録

4348

高木護著/虹霓社/B6変型判/350ページ   最後の放浪詩人・高木護の原点 人間賛歌の自伝的エッセイ復刊 九州一円の野山を放浪しながら、その日暮らしの日雇い仕事。闇市番人、露天商、ドブロク屋、立ちん坊、人夫…。社会の底辺で出会った哀しくも愛すべきニンゲンたちとの交流をユーモラスに描き、放 […]

Signal 07: A Journal of International Political Graphics and Culture

4346

Alec Dunn, Josh MacPhee/PM Press/5″x7″/176ページ・フルカラー(英語)   世界の抵抗運動・解放闘争の魅力的なグラフィック、アートプロジェクト、文化的ムーブメントを記録・共有するジャーナル『SIGNAL』の第7号。パリコミューンの画家や詩人から、オキ […]

鳥は飛ぶのが楽しいか

4335

チャン・ガンミョン著 吉良佳奈江訳/堀之内出版/四六判 並製/368ページ   ソウルのセヨン高校で給食費の横領事件が発覚。 動揺する学生たち、加熱するマスコミ、事態を抑え込もうとする教師たち、迫る大学入試……。 追及の先頭に立つ級友とともにビラまきをおこなった3年生のジェムンは、学校に対 […]

新しいエコロジーとアート 「まごつき期」としての人新世

4332

長谷川祐子編/以文社/A5判 並製/336ページ   本書は、「人新世」「資本新世」とよばれる新しい環境下で生じてきた自然、 政治、社会、情報、精神面での変化に対する現代美術の応答と変容、そして、これらを伝えるキュラトリアル実践に関して、キュレーター、哲学者、人類学者らによる領域横断的なア […]

整体対話読本 お金の話

4324

川﨑智子、鶴崎いづみ、江頭尚子 著/土曜社/B6変判/224頁   「何でもいいからまず自分が何かをおこなうと、おこなった分だけ成長があると思ってください。例えば時給が五百円だったとしても、働いたら必ず五百円分の体力がついてるんです。」 利益を求めるでもなく、満足な蓄えもない。経済主義国・ […]

クィア神学の挑戦

4322

工藤 万里江著/新教出版社/A5判/316ページ   大きな影響力を持つ三人の女性神学者の思想を精査し、フェミニズム(神学)とクィア(神学)に共通する課題と断絶の双方を明らかにする。「クィア神学」の多様な内実、その課題と可能性を展望する。類書に乏しいクィア神学に関する本格的な研究書。 &n […]

脱コルセット:到来した想像

4308

著 イ・ミンギョン 翻訳 生田美保、オ・ヨンア、小山内園子、木下美絵、キム・セヨン、すんみ、朴慶姫、尹怡景/タバブックス/四六判 並製/336ページ   脱コルセット運動は、苦痛や搾取、虐待を今、この場所で経験している女性たちの人生を変える最適のツールだった 韓国フェミニズム、最大のムーブ […]

そこに私が行ってもいいですか?

4307

イ・グミ著 神谷丹路訳/里山社/四六判 並製/528ページ   女とは、階級とは、国とは、人種とは──。 海を越え、運命を切り拓く少女たちの物語。 構想10年。国際アンデルセン賞韓国候補作家が、日本軍慰安婦、対日協力者、アメリカ日系人収容所など、複雑な日韓の近現代史を、女の視点から描く傑作 […]

アーバンソウルズ 黒人青年、宗教、ヒップホップ・カルチャー

4298

オサジェフォ・ウフル・セイクウ著 山下壮起訳/新教出版社/B6変型判/160ページ   ヒップホップは宗教である 人種・性・階級の交差的な差別と殺人的な警察暴力が支配するアメリカの現実。モラルに固執し形骸化した黒人キリスト教会。社会の崩壊、文明の黄昏を生きる抵抗者たちの霊魂は、音と詩となっ […]

大邱の夜、ソウルの夜

4295

ソン アラム作 吉良佳奈江訳/ころから/B5変型判/176ページ   ソウルで奔放に育ったはずのホンヨン。家父長制が根強く残る大邱(テグ)からの脱出を試みるコンジュ。ふたりの女の乾いた涙の跡にうつしだされる「友情」の物語。 人気漫画家ソン・アラムの代表作を『韓国が嫌いで』の訳者、吉良佳奈江 […]

歴史のなかの朝鮮籍

4293

鄭栄桓著/以文社/四六判/500ページ   国籍か、それとも出身地か──。 1947年5月2日、日本の外国人法制に登場し、今日に至るまで存続している「朝鮮籍」。植民地支配からの解放後も日本で暮らし続けた朝鮮人たちに与えられたこの奇妙な「国籍」の歴史を、日韓の外交文書、法務省や地方自治体の行 […]

ドゥルーズと革命の思想

4264

鹿野祐嗣(編著) 廣瀬純 堀千晶 山﨑雅広(著) /以文社/四六判/424ページ   ジル・ドゥルーズの思想は「革命」と本質的に結びついている。 ドゥルーズ自身の著書『差異と反復』『意味の論理学』から、フェリックス・ガタリとの共著『アンチ・オイディプス』『千のプラトー』、そして晩年における […]

女パンクの逆襲──フェミニスト音楽史

4257

ヴィヴィエン・ゴールドマン著 野中モモ訳/ele-king books/四六判/352ページ   ロックの男性中心の物語に対しての気迫のこもった反論、それぞれの自由を追い求めた女パンクの信念と実践を報告する、フェミニスト音楽史の決定版 ! 1970年代にイギリスで最初の女性音楽ジャーナリス […]

ザ・レインコーツ──普通の女たちの静かなポスト・パンク革命

4256

ジェン・ペリー著 坂本麻里子訳/ele-king books/四六判/256ページ   アナーキー&フェミニズム ピッチフォークの編集者が愛を込めて描く、世界最初の女性パンク・バンドの物語。 1979年、ロンドンのスクワット(不法占拠)から生まれた、ポルトガル人、スペイン人、そしてイギリス […]

天使日記

4255

寺尾紗穂/スタンド・ブックス/四六判 上製/320ページ   自分の中の子供。目に見えぬもの。聞こえない声。長女が天使に出会った日から始まった、まぼろしのようでいて、確かな日々の記録。 唯一無二の音楽家・文筆家による言葉の到達点。エッセイ49編。 「目に見えるもの以外あるわけない、という断 […]

今日のアニミズム

4248

奥野克巳・清水高志 著/以文社/四六判/352ページ   人類学者・岩田慶治の仕事、テトラレンマをはじめとする仏教の思想と論理、そして現代において注目を集めるモノと人のネットワークを含む新たな存在論の議論から、「アニミズム」の今日性を問う文化人類学と哲学の対話。   目次 まえが […]

差別の哲学入門

4247

池田喬・堀田義太郎 著/アルパカ /四六判 並製/272ページ   日常にある差別や偏見。どう考えれば、どうすればいいのかに応える待望の本! 差別的な行為、発言、あるいは偏見について、またハラスメントやいじめと差別との相違、アファーマティブ・アクションと逆差別、配慮しているつもりが差別にな […]