九月、東京の路上で―1923年関東大震災ジェノサイドの残響

2961

九月、東京の路上で―1923年関東大震災ジェノサイドの残響  (2961)

販売価格(税込)
¥1,944
在庫状態 : 売切れ

加藤直樹 著/ころから/A5判変型/216ページ

 

関東大震災の直後に響き渡る叫び声
ふたたびの五輪を前に繰り返されるヘイトスピーチ
1923年9月、ジェノサイドの街・東京を描き
現代に残響する忌まわしい声に抗う――
路上から生まれた歴史ノンフィクション!

 

加藤 直樹(カトウ ナオキ)
1967年東京都生まれ。法政大学中退。出版社勤務を経てフリーの編集者に。鹿島拾市の筆名で、宮崎滔天や「蟻の街」をつくった松居桃楼、朝鮮人女性飛行士の朴敬元など、近現代史上の人物論を中心に「社会新報」などの媒体に執筆。『9月、東京の路上で』が初の著書となる。

 

売切れ