村に火をつけ、白痴になれ—伊藤野枝伝

3078

村に火をつけ、白痴になれ—伊藤野枝伝  (3078)

販売価格(税込)
¥1,944
在庫状態 : 在庫有り

栗原康 著/岩波書店/B6判/176頁

 

ほとばしる情熱、躍動する文体で迫る、人間・野枝。筆一本を武器に、結婚制度や社会道徳と対決した伊藤野枝。彼女が生涯をかけて燃やそうとしたものは何な のか。恋も、仕事も、わがまま上等。お金がなくても、なんとかなる。100年前を疾走した彼女が、現代の閉塞を打ち破る。

 

目次

はじめに
あの淫乱女! 淫乱女!/野枝のたたりじゃあ!/もはやジェンダーはない、あるのはセックスそれだけだ

第一章 貧乏に徹し,わがままに生きろ
お父さんは、はたらきません/わたしは読書が好きだ/わたしはけっしてあたまをさげない/きょうから、わたし東京のひとになる

第二章 夜逃げの哲学
西洋乞食、あらわれる/わたし、海賊になる/ど根性でセックスだ/だれかたすけてください、たすけてください/恋愛は不純じゃない、結婚のほうが不純なんだ/究極の夜逃げ

第三章 ひとのセックスを笑うな
青鞜社の庭にウンコをばら撒く/レッド・エマ/野枝の料理はまずくて汚い?/もっと本気で、もっと死ぬ気で、ハチャメチャなことをかいて、かいてかきまくれ/(一)貞操論争/(二)堕胎論争/(三)廃娼論争/大杉栄、野枝にホレる/急転直下、自分で自分の心がわからぬ!/約束なんてまもれない、結婚も自由恋愛もしったことか/カネがなければもらえばいい、あきらめるな!/オバケのはなし―葉山日蔭茶屋事件/吹けよあれよ、風よあらしよ

第四章 ひとつになっても,ひとつになれないよ
マツタケをください/すごい、すごい、オレすごい/亀戸の新生活―ようこそ、わが家へ/イヤなものはイヤなのだ/あなたは一国の為政者でも私よりは弱い/主婦たちがマジで生を拡充している/魔子は、ママのことなんてわすれてしまいました/結婚制度とは、奴隷制のことである/ひとつになっても、ひとつになれないよ/友情とは中心のない機械である―そろそろ、人間をやめてミシンになるときがきたようだ/家庭を、人間をストライキしてやるんだ―この腐った社会に、怒りの火の玉をなげつけろ!

第五章 無政府は事実だ
野枝、大暴れ/どうせ希望がないならば、なんでも好き勝手にやってやる/絞首台にのぼらされても、かまうものか!/失業労働者よ、団結せよ/無政府は事実だ―非国民、上等! 失業、よし!/村に火をつけ、白痴になれ/わたしも日本を去り、大杉を追っていきます/国家の犬どもに殺される/友だちは非国民―国家の害毒は、もうバラまかれている

あとがき
いざとなったら、太陽を喰らえ/はじめに行為ありき、やっちまいな

 

数量