味の形 迫川尚子インタビュー

3048

味の形 迫川尚子インタビュー  (3048)

販売価格(税込)
¥864
在庫状態 : 在庫有り

迫川尚子[著](よ)[著]/ferment books/B6版/160ページ

 

食に携わる人たちから、これまでとは少し違った切り口で話を聞こうと試みる不定期刊行のインタビュー・シリーズ「ferment」。

新宿駅最後の小さなお店「ビア&カフェ ベルク」
迫川副店長に聞いた、食の自由と、味の共感覚。
6万字の記録。

「毎日1500人もの利用客が訪れる大繁盛店、新宿ベルクの迫川副店長は、食べものの味覚を形として記憶できるという。食(レシピ)には著作権がない。だからこそ文化本来の姿をとどめている(『食の職』より)。そう主張する副店長が、味に形を見ている。そのことに、なにかとても腑に落ちるものを感じ、ぜひ話を聞いてみたいと思った。」―インタビュアー(よ)

表紙のイラストは坂口恭平さんによる「ランニング・ステッチ」と題された作品。

 

数量