FILASTINE & NOVA – Drapetomania Japan Tour 2018

FILASTINE & NOVA – Drapetomania Japan Tour 2018

 

2/6 FUKUOKA
2/7 ONOMICHI
2/8 NAGOYA
2/9 KYOTO
2/11 TOKYO
2/12 SAPPORO

 

FILASTINE & NOVA BiographyFILASTINE & NOVA バイオグラフィー

Filastine & Nova are a multimedia duo working to undermine borders. Their music collides electronic beat production with dense layers of voice, concréte sounds, analogue synths and strings. Spin magazine calls it “bass music for crumbling urban futures”, and Pitchfork says “they sound less like ‘world’ music and more like music from another world”. Another world is exactly what they aim to create, using sound, video, design, and dance to express a radically different vision of the possible.

Filastine is the handle of Barcelona-based composer and video artist Grey Filastine. A former taxi driver from the United States, Filastine studied percussion with the coke-fueled carnival batucadas of Brazil and mystical brotherhoods in Morocco. In 1999 he founded the Infernal Noise Brigade marching band, putting these rhythms to use in a live soundtrack for the Seattle WTO revolt and the globalization protests that followed. DJ/Rupture discovered and released Filastine’s premiere album, Burn It! (2006), launching a decade of critically-acclaimed albums and world tours. One of those tours brought him to Jakarta where he met vocalist Nova Ruth, rhyming in Indonesia’s seminal rap group Twin Sista. Nova’s deep musical roots add much to Filastine’s sound; she was raised singing pentecostal spirituals with her priest grandfather, reciting Quran, and playing Javanese gamelan percussion. Beyond music, Nova’s continues her “day job” building networks among Southeast Asia’s video activists and hackers.

Together they create unique and fearless interventions: an official mixtape for The Act of Killing documentary, a sound swarm at the Paris Climate Summit, a performance in the Calais Jungle migrant camp. Their latest effort, Abandon, is a video series profiling dances of emancipation from work, filmed in locations from coal mines in Borneo to office cubicles in America. The songs of Abandon and a grip of other new tracks will come out this year on the duo’s first full album together, Drapetomania, colliding psychedelic trap, tropical post-folk and a punk ethos into a compelling audio thesis.

Filastine & Nova are foremost performing artists, their live show is where sound, image, and ideas are embodied. They’ve toured the five continents, appearing at festivals such as Sonar (ES), Downtown Cairo Arts (EG), Decibel (US), Les Vieilles Charrues (FR), Foreign Affairs (DE), Mona Foma (AU). For the new Drapetomania performance the duo are working with a guest dancer and cinematic multi-screen visuals to conjure an emergency exit from the anthropocene. Expect to find them anywhere, turning friction into beauty.

Powerfully political and distinctly global -NPR Music

The soundtrack to a rising heat humidity index -Spin Magazine

The prototype of globalized urban sound -Prefix Mag

Visceral, disorienting exotica -The Stranger

Awesome and delicate…hybrids so fluent they defy classification -Pitchfork

Deftly collaged cuts melding throbbing bass synths and ricocheting 808s with concréte sounds and live instruments -The Wire

Choppy, smokey music that draws from the entire world without getting crushed under the weight of its influences -The Fader

Filastine&Novaは、さまざまな境界線を越境し活動するマルティメディア・デュオだ。エレクトロニック・ビートと濃密に折り重なる声、都市の騒音、アナログ・シンセや弦楽器のぶつかりあいによって生み出される彼らの音楽は、各音楽誌で「都市の未来を崩壊させるようなベース・ミュージック(Spin)」、「ワールド・ミュージックというよりも、もう一つの世界から来た音楽(Pitchfork)」と評されている。ここでいう「もう一つの世界」とは、サウンド、映像、デザイン、ダンスを駆使しながらかれらが作り出す「異なる世界への可能性のラディカルな表現に他ならない。

FilastineことGrey Filastineは、バルセロナを拠点に活動する作曲家/映像アーティストだ。もともとアメリカでタクシー運転手をしていたFilastineは、ブラジルのカーニバルのバトゥカーダや、モロッコの神秘主義者たちとの関わりを通して打楽器を学んでいった。1999年には、マーチング・バンドThe Infernal Noise Brigade(The INB)を結成。シアトルでの反WTO行動で生演奏のサウンドトラックを提供した後、世界各地のグローバル・ジャスティス運動に合流していく。Filastineとしての音楽活動はDJ/Ruptureによって見出され、2006年にデビュー・アルバム『Burn It!』をリリース。その後、およそ10年にわたるアルバム制作と世界ツアーを開始。ツアー中に訪れたジャカルタで、ラップ・グループTwin Sistaの一人として活動していたボーカリストNova Rutuと出会う。ペンテコステ派の司祭であった祖父と霊歌を歌い、コーランを朗読し、ジャワのガムラン・パーカッションを演奏して育ったNovaの奥深い音楽的ルーツは、Filastineのサウンドに大きな影響を及ぼしている。Novaは音楽活動以外にも、東南アジアのビデオ・アクティヴィストやハッカーたちのネットワーク構築を彼女自身のライフワークとして継続している。

また、FilastineとNovaはユニークかつ大胆な「介入」の数々を一緒に試みている。ドキュメンタリー映画『アクト・オブ・キリング』の公式ミックステープ製作。パリの気候変動サミットにおける、モバイル・サウンドシステムと自転車を使った抗議行動の組織化。フランス・カレーの巨大難民キャンプ「ジャングル」での野外ライブ。また、彼らの一番新しい取り組み「Abandon」は、ダンスによって労働から解放される人間の姿を描いたビデオシリーズであり、ボルネオの炭鉱からアメリカの小さなオフィスに到るまで様々な場所で撮影された。「Abandon」の曲やその他の新曲を収録した『Drapetomania』は、サイケデリック・トラップ、トロピカルなポスト・フォーク、パンクの表現方法を融合し、デュオ名義としては初のフルアルバムとなる。

Filastine & Novaは一流のパフォーミング・アーティストであり、ライブ・ショーでは、かれらのサウンド、イメージ、アイデアが統合されることになる。5つの大陸を旅し、Sonar(スペイン)、Cairo Arts(エジプト)、Decibel(アメリカ)、Les Vieilles Charrues(フランス)、Foreign Affairs(ドイツ)、Mona Foma(オーストラリア)などのフェスティバルに出演。今回、『Drapetomania』のパフォーマンスでは、投影されるビジュアルを連動させつつ、人新世(アントロポセン)からの脱出口を召喚することを目指す。それは、あらゆるところに脱出口を見つけ出し、軋轢を美しさへと転化させていくのだ。

ワールド・ミュージックというよりも、もう一つの世界から来た音楽Pitchfork
都市の未来を崩壊させるようなベース・ミュージックSpin
巧みにコラージュされたカットが、その硬質なサウンドとライブ・インストゥルメントと共に、ベースシンセサイザーのうねりと跳躍する808sを融合させていThe Wire
ギザギザでスモーキーな音楽が全世界の重圧に屈することなく生み出されているThe Fader