韓国フェミニズムと私たち

3511

タバブックス 編/タバブックス/A5判/152ページ   フェミニズム・リブート、江南駅女性殺人事件を契機に若い女性たちがフェミニズムに覚醒し、声を上げ、社会に変化をもたらしている韓国。現在起きているフェミニズムムーブメントとその背景を検証、女性作家、アクティビスト等の声を伝え、韓日女性た […]

仕事文脈 vol.15

3510

仕事文脈編集部 編/タバブックス/A5判/96ページ   すべてのゆかいな仕事人のためのリトルマガジン『仕事文脈』、今回の特集は「時間問題」。すごい勢いで世の中が変わっている。おそろしく変わらないことも ある。時間はどこでも同じく流れ、過去も今も未来も誰にでもあるはずなのに、 使い方、感じ […]

生活考察 Vol.07

3509

辻本力 編/タバブックス/A5判/128ページ   話題の書き手たちの生活エッセイを多数収録し、読書界の注目を集める “ある種の” ライフスタイル・マガジン。ともすれば、あっさりと取りこぼしてしまう、ささやか な生活の断片。そこから導き出される「考えようによっては得るところがある」かも し […]

山風にのって歌がきこえる 大槻三好と松枝のこと

3488

惣田紗希/タバブックス /四六変型判/168ページ   太田市美術館・図書館「ことばをながめる、ことばとあるく 詩と歌のある風景」出品作品である大槻三好・松枝、惣田紗希 短歌×イラストレーション作品をもとにした書籍。昭和初期、太田市の歌人大槻三好・松枝の出会い、結婚、出産、松枝の死、そして […]

仕事文脈 vol.14

3431

仕事文脈編集部 編/タバブックス /A5判並製/96ページ   特集:IT、AI、IoT、えっ? これからAIが発展して、今ある仕事が半分くらいなくなるとか。 ITとかIoTとか使いこなせるかどうかで将来が決まるとか。 スマホ、仮想通貨、音声認識、べんりな先に何がある? ディストピアでも夢 […]

ランバーロール 02

3430

ランバーロール編集部 編/タバブックス /A5判並製/136ページ   2016年に、漫画家の安永知澄、森泉岳土、おくやまゆかの3人によって創刊された、漫画と文学のリトルプレス「ランバーロール」。 0号の完売、1号の刊行を経て、2号がついに完成。レギュラーメンバーの描き下ろし漫画のほか、寡 […]

私が30代になった

3426

イ・ラン 著 イ・ラン、中村友紀、廣川毅 訳/タバブックス/四六判変形・並製/100ページ   30代になる人へ、まっただ中の人へ、そして通りすぎた人へ。独特の存在感で今最も注目されるアーティスト、イ・ランが放つおかしくて切なくてほっとする30代女性の日常。韓国で大人気のコミックエッセイに […]

私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない

3380

イ・ミンギョン著 すんみ、小山内園子訳/タバブックス/四六変型判/228ページ   いまから学んでも遅くはない。 一日でも早く、あなたと、新しいことばで、話がしたい -イ・ラン(ミュージシャン、映像作家)   あなたには、自分を守る義務がある。自分を守ることは、口をひらき、声を上 […]

生活考察 Vol.06

3370

タバブックス/A5判/128ページ   話題の書き手たちの生活エッセイを多数収録し、読書界の注目を集めた“ある種の”ライフスタイル・マガジンが、約5年の沈黙を破り「タバブックス」より復活します。ともすれば、あっさりと取りこぼしてしまう、ささやかな生活の断片。そこから導き出される「考えように […]

仕事文脈 vol.13

3369

タバブックス/A5判/96ページ   特集:悩み、うざい 世の中、悩みがあふれてる。こんなにみんな悩んでばかりだったっけ。 仕事、将来、生活、人生、悩みがあるのはあたりまえか はたらいて、生きるうえで困ることは、自分だけで考えること? つらさ、疑問、不安、不満とか、仕事と悩みの話いろいろ […]

「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。

3324

小川たまか/タバブックス/四六判・並製/208ページ   性暴力被害、痴漢犯罪、年齢差別、ジェンダー格差、女性蔑視CM、#metoo…多くの人がフタをする問題を取材し、発信し、声をあげ続けるライター・小川たまか初の著書。2016年から2018年に起きた、性犯罪やそれにまつわる世 […]

菊とギロチン ーやるならいましかねえ、いつだっていましかねえ

3318

栗原康 著 相澤虎之助・瀬々敬久 原作/タバブックス/四六判 並製/432ページ   関東大震災直後、急速に不寛容な社会へとむかう時代、女相撲とアナキストが出会った- 鬼才・瀬々敬久、構想三十年の入魂作『菊とギロチン』に、異色の政治学者・栗原康がガブリ寄り! 希代の取組による破壊的創作評伝 […]

仕事文脈 vol.12

3294

タバブックス/A5判/96ページ   特集:お金文脈 収入が高いのがいい仕事、お金がないのは自己責任? 結局いくらかせいで、いくら貯めればいいのか そもそも、それは誰かが決められることなのか 知りたいけど話せない、だけどはっきりさせたいお金と仕事の話いろいろ   投資家パンクス […]

女と仕事 「仕事文脈」セレクション

3271

仕事文脈編集部 編/タバブックス/B6判変型 並製/186ページ   ふつうに仕事をしていくのが難しすぎる 小さいけど深くてモヤモヤする、女と仕事の話いろいろ   好評「シリーズ3/4」第三弾! リトルマガジン『仕事文脈』「女と仕事」特集号を中心に、女性の書き手の文章、作品を再編 […]

仕事文脈 vol.11

3254

タバブックス/A5判/96ページ   特集:もしもし、体 健康、こころ、体力、見た目、仕事に向き合うのに必要なものは多いけれど、 体はひとつ、仕事だけのものじゃない。 仕事をする私、私をつくっている体。体は仕事をしたがっているか。 情報ばかり多すぎる今、考える前にちょっと体に聞いてみる、仕 […]

バイトやめる学校

3207

山下陽光 著/タバブックス/B6判変型・並製/144ページ   「シリーズ3/4」始動! 3/4くらいの文量、サイズ、重さの本。それぞれのやり方で、余白のある生き方をさがすすべての方へ送る新シリーズです。 「景気がめちゃくちゃわるくて、世の中で起きることの、ほぼ全て悪い方向に向かっている。 […]

あたらしい無職

3208

丹野未雪 著/タバブックス/B6判変型・並製/172ページ   「シリーズ3/4」始動! 3/4くらいの文量、サイズ、重さの本。それぞれのやり方で、余白のある生き方をさがすすべての方へ送る新シリーズです。 「このまま何事もなく毎日が過ぎたら無職なんだなと思っていたのだが、何事もなく過ぎたの […]

アウトサイドで生きている

3177

櫛野展正著/タバブックス/四六版並製/304 ページ(カラー136ページ)   日本唯一のアウトサイダー・キュレーターが伴走する街の表現者たち。 話題の自撮りおばあちゃん、武装ラブライバー、昆虫の死骸で観音像をつくった男、仮面だらけの謎の館、雑草を刈りアートにする路上生活者、食べたものを記 […]

あたしたちの未来はきっと

3155

長谷川町蔵著/タバブックス/B6版変型/148 ページ   走りながら、よろけながら、 踊りながら、 ぼんやりこう思った。 あたしの未来はきっと、 彼女たちのそれとは 全然違うものになるだろうって   2010 年、中学 2 年のお楽しみ会で「少女時代」を踊るはずだった美少 女た […]