シモーヌ Vol.1

3526

シモーヌ Vol.1  (3526)

販売価格(税込)
¥1,430
在庫状態 : 在庫有り

シモーヌ編集部 編/現代書館/A5判/132ページ

 

「女である」とは、どういうこと?

想像しよう。
姉たちが「女である」ことをどう受けとめ、その扱われかたにどう抗ってきたか。
考えよう。
どんな性であっても、どんな立場であっても、どんな世代であっても、そこに弱者がつくられないように何ができるか。
語ろう。
美味しいごはん、ファッション、アイドル、恋……、私たちのこれからのこと。

雑誌感覚で読めるフェミニズム入門ブック。
若者に芽吹いた意識とフェミニズムをつなぐ新媒体の登場!

 

目次

<巻頭グラビア連載>インベカヲリ★ Renaitre――女は生まれなおしている No1 石川優実

<特集>シモーヌ・ド・ボーヴォワール「女であること」:70年後の《第二の性》
木村信子 シモーヌ・ド・ボーヴォワール『第二の性』
棚沢直子 『第二の性』から七〇年後、日本から問う新たな女性思想
佐野泰之 哲学的問題を生きるということボーヴォワールの小説作品の魅力
中村彩 「育ちの良い娘」はどうやって知識人になったのかボーヴォワール『娘時代』と女性解放
藤高和輝(「なる」ものとしてのジェンダー
ボーヴォワール・ストーリー
はじめてのボーヴォワール

<エッセイ・コラム寄稿>
斎藤美奈子 「冬の時代」に関するちょっとしたお話
北村紗衣 シモーヌのBB、スタイネムのマリリン――フェミニストが愛したセックスシンボルたち
鈴木みのり 好きなリップを塗る自由――ハロプロの新しい魅力を模索するアイドルたち
福田和香子 乾いた喉、土砂降りの夜。
上間常正 ファッションとジェンダー、フェミニズム
坂井セシル 日仏間の女性の眼差し
山下恒男 「かわいい」と「怖い」
小林美香 身体の見方を学ぶために
玖保樹鈴 裸のかかとを踏み鳴らし、彼女は今日も声をあげる――女優・石川優実のこと
なとせ #0727 #その後
想田和弘 夫婦別姓訴訟の原告になる
新行内美和 魔女たちのスープ
小野春 マンガ・女同士で子育てしたら
和田靜香 「第1回わんぱく相撲女子全国大会」を観に行く

<連載>
ふみがわのフェミ短歌塾 二三川練
パリのシモーヌたち Les Simones a Paris アトランさやか
シモーヌ シネマレビュー 中野理惠
シモーヌ ブックレビュー
書店からはじまるフェミニズム 西荻窪・今野書店/水越麻由子
ずるこのおんな食べ物帖 江戸川ずるこ
未来のシモーヌ Les Simones du futur 岩瀬日大高校3年・相野谷叶乃さん

 

数量